ドレスとブーケブライダルフラワー・プリザーブドフラワーのアトリエ
  

 これからご結婚される方へお花にまつわる豆知識です
 誰でもはじめてのことは疑問だらけですよね。

 結婚式で、どんなところにお花は使われているの?
 
結婚式を演出する花
 なぜブーケを持つの? 聞いたことあるけどサムシングフォーって何?
 ブーケの由来とサムシングフォーについて

・ブーケの形、特徴、相性の良いドレスの形
  ・ブーケの持ち方

  ドレスのタイプとブーケ選び


オーバルブーケ
ティアドロップブーケ
キャスケードブーケ
クレッセントブーケ
丸い形をしたブーケです。
どんなタイプのドレスにも
合わせやすく人気のブーケです。
縦の楕円形のブーケです。
やさしい感じと優美な雰囲気です。
ロップは涙の雫の逆向きです。
下に流れる形のブーケです。
気品があり豪華で挙式では
純白のブーケが定番です。
三日月形のブーケです。
ゆるやかな美しい弧を
描いています。縦方もあります。
ベルライン、プリンセスライン、
Aラインのドレス◎
Aライン、プリンセスライン、
ベルラインのドレス◎
Aラインやプリンセスライン、
ベルラインのドレス◎
プリンセスライン、Aライン◎
ボ−ルブーケ
クラッチブーケ
ナチュラルステムブーケ
リングブーケ
アームブーケ
ボールの形のブーケです。
ラウンドに似ていますが
大変キュートなイメージです。
茎を束ねたブーケです。
デザイン、花材によりナチュラル、カジュアル、上品なイメージです。
ドーナツ形のリースのような
ブーケです。
ハート型なども可愛らしいです。
ラインを生かすブーケです。
丈の長い花を使います。
大人っぽくてシャープで上品です。
Aライン、ミニ丈のドレス◎ Aラインドレス◎ ベルライン、
プリンセスライン◎
スレンダーライン、
マーメイドライン◎

 以上が代表的なブーケの形ですが、この他にもフリースタイルで色々な形のブーケがあります。
 またドレスとの相性も色や素材により変ってきますし、ブーケの色や花の花材などによりイメージは変わります。
 基本的には会場やドレスを決めてからブーケを頼む方がほとんどですので、着るドレスや会場の雰囲気なども考慮しながら
 好みのブーケを決めるといいと思います。

  ワンポイントアドバイス ★
  ブーケの持ち方 
 ブーケを持った花嫁様が美しく見えるスタイルは、ブーケをおへその辺りで持つのが 一番ベスト。
 ブーケのハンドル部分を持つ時に、右手の親指と小指は外側、中三本はハンドル内側に入れて持ち、
 さらに左手で添える感じが良いです。
 ついついブーケが胸の辺りにきてしまうことがあるのでご注意!背筋も伸ばしてくださいね。

  ブーケについて 
   ブーケ制作に関して
プリザーブドフラワーのブーケ作成は花1つ1つにワイヤーをかけて施す「ワイヤリングブーケ」で行っています。

 ブーケ作成は、吸水スポンジを使った「ホルダータイプのブーケ」、 お花1つ1つにワイヤーをかけて施す「ワイヤリングブーケ」
 茎をそのまま使う「クラッチタイプ」をお作りしています。

 「ホルダータイプのブーケ」
 水分を含ませたホルダーを使いほとんどのお花に適し、長時間綺麗な状態を保てる
 ブーケホルダーで作成するブーケをお奨めしています。
 特に夏場などや、水が落ちやすい花材などにも適しているので安心です。次の日でも元気です。
 しかし、水分を含んでいる分、長時間ブーケを持つ場合や大きいお花を使う場合は重たいと感じる場合もあります。
 クラッチ、アームブーケ以外の全ての形のブーケに適します。 特にラウンドやボールブーケには適します。
 特に指定が無い場合はラウンド、オーバル、キャスーケードタイプもこちらでお作りします。

 「ワイヤリングブーケ」
 ホルダーブーケに比べワイヤリングしたブーケはとても軽いです。
 十分に水揚げをし、花首まででコットンなどで水を含ませワイヤーで作成します。
 また、1輪1輪花の向きなど動きがつけやすいため デザイン性も高いブーケが作成可能になります。
 ワイヤリングブーケは手間が掛かるため少々お値段が高くなりますが、オススメです。
 しかし、どうしても水が下がりやすいお花もありますので、花材によっては向かない場合や長時間持つとくたびれて
 来てしまう場合もあり、特に夏場はお奨め出来ないこともあります。
 クラッチ、アームブーケ以外の全ての形のブーケに適します。
 特にリングブーケ(ハート型)やクレッセントブーケには適しています。

 「クラッチタイプ」
 
茎がみえているタイプのブーケです。 ナチュラルステムブーケとも呼びます。
 このブーケの場合、こちらでもきちんと水揚げをしますが、挙式の使用前まで茎にお水を含ませておくことをお奨めします。
 持つ前に茎についたお水をきちんと拭いてからご使用ください。ドレスが汚れないように!
 そのままでも披露宴の間ぐらいでしたら綺麗に咲いています。
 使用後は、一度、茎を切りまたお水につけてあげてください。
 クラッチ、アームブーケに適します。
 



ブーケページへ

※掲載の画像の無断転載を禁じます こちらの素敵なイラストは
イラストレーターのりこさんに描いて頂きました。
とっても素敵なイラストを描いてくださいますよ。オススメ!【bloom】イラストレーターのりこさんのHPはこちらです
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます Copyright (c) 2002 flowerpartynet. All rights reserved. ご意見ご感想、お問い合わせ/info@flowerparty.ne